整骨院看板デザインの3つのポイントをデザイナーが事例で解説

整骨院

現在、整骨院の分野は保険の規制が厳しくなっている中で、その数も増加傾向にあります。

競争が激しくなる中で、他院との差別化を図るために専門性が高いサービスを提供することが重要になってきています。今回は専門分野に特化した整骨院様の事例を3つのポイントとともにご紹介いたします。

Before

After

得意分野を看板でアピール!

こちらの院では、スポーツ選手の施術を数多く手掛けており、また、東洋医学を用いた治療が特徴的であるためこの2つの分野を看板のアピールポイントとしてご提案いたしました。文字情報だけでなく、イラストを用いることで通行人からも視認性の高い看板になっています。

ロゴデザインで他院とは違うオリジナリティを

看板において、ロゴはとても大きな役割を持っています。多くの整骨院の中から患者様に認知してもらう看板の【顔】として個性をだすことが可能です。こちらの整骨院様ではロゴをご要望されておりましたので、院の特徴を捉えたロゴを制作しました。

コンセプトは、左右の重なる手がスポーツによるケガや身体の不調で悩む患者様を優しく包みこむイメージで、この両手は院の頭文字『M』を表現しています。また、身体のケアを目的としているため、青と緑のカラーで色味を抑え、安心感や信頼性のある落ち着いた雰囲気を出しました。

院から離れた場所からも存在感のある看板を

駐車場からの案内看板を設置する上で、この部分もしっかり宣伝すべき部分となります。院を印象づけるものとして、入口横に設置した看板とリンクさせた看板を設置しました。また、営業時間等の情報を掲載することで来院する患者様に安心感を与えます。

私たちはこういった院の強みの部分を細かくヒアリングし、「院にとっても一番得意な点は何か??」を明確にした看板づくりをお客様とともに形にしております。

当社ではさまざまなケースに合わせた施工を行ってきました。多数の事例をご紹介しておりますのでぜひご覧下さい。↓↓↓

北堀江看板 整骨院事例

大阪で圧倒的な成果を出す看板デザインプロデュースの北堀江看板とは?サインズスクエアチャンネル西村友宏
contact1000flow1000
The following two tabs change content below.

半田

北堀江看板のデザインを担当しています。 これまで手掛けてきた施工事例は数知れず…。そして気づけば早7年目。 今までの経験に基づいた感覚とデザイナー目線で施工事例を紹介していきたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました