北堀江看板|高いクオリティで看板の企画からデザイン・施工までトータルプロデュースする大阪北堀江・東京の看板屋さんです。
works & policy 写真をクリックすると拡大します。
オリーブデンタルクリニック,歯科医院,看板サイン,デザイン事例 小山デンタルクリニック,歯科医院,看板サイン,デザイン事例 むとう鍼灸整骨院,整骨院,看板サイン,デザイン事例 小杉接骨院,接骨院,看板サイン,デザイン事例 かみのげ動物病院,動物病院,看板サイン,デザイン事例
しぎの歯科,歯科医院,看板サイン,デザイン事例 まつげ工房,エステ店舗,看板サイン,デザイン事例 森内科,内科クリニック,看板サイン,デザイン事例 西村歯科医院,歯科クリニック,看板サイン,デザイン事例 ほぐしや掌,マッサージ店舗,看板サイン,デザイン事例
あゆみ歯科,歯科医院,看板サイン,デザイン事例 守口駅前歯科クリニック,歯科医院,看板サイン,デザイン事例 いぶきの動物病院,動物病院,看板サイン,デザイン事例 福田歯科クリニック,歯科医院,看板サイン,デザイン事例 サイクルショップイワイ,自転車店舗,看板サイン,デザイン事例
池上鍼灸整骨院,整骨院,看板サイン,デザイン事例 蓬莱,飲食店舗,看板サイン,デザイン事例 オレンジ薬局,調剤薬局,看板サイン,デザイン事例 はりきゅうほうかん堂,整骨院,看板サイン,デザイン事例 みやじま医院,内科,循環器科医院,看板サイン,デザイン事例
北村鍼灸整骨院,整骨院,看板サイン,デザイン事例 さくら通り整骨院,整骨院,看板サイン,デザイン事例 有田歯科医院,歯科医院,看板サイン,デザイン事例 北摂クリニック,内科クリニック,看板サイン,デザイン事例 淀キリ時計,病院モニュメント,オリジナル時計,デザイン事例
こいけ歯科,歯科医院,看板サイン,デザイン事例 たから整骨院,整骨院,看板サイン,デザイン事例 ハニードリッパーズ,カフェ店舗,看板サイン,デザイン事例 さくら食堂,飲食店舗,看板サイン,デザイン事例 松本眼科,眼科クリニック,看板サイン,デザイン事例
井上質店,質店舗,看板サイン,デザイン事例 スマートホーム,不動産店舗,看板サイン,デザイン事例
看板はそこに店舗がある事を
知ってもらうツールでした。

地域に歯科医院が1軒しかない時代は◆◆歯科クリニックという
看板を出せば地域のお客様はその歯科医院を利用してくれました。
ところが現在、すぐ側に何軒も歯科医院が存在します。
A歯科、B歯科、C歯科はそれぞれどんな特長があるのでしょう?
お客様はA・B・Cのどの歯科医院が良いのか迷っています。
時代は変わりお客様はもっと多くの情報を看板に求めているのに、
相変わらず看板は「ここにあります」としか発信していません。
多くのクライアント様はいまだ看板に「視認性」を求めます。
とにかく発見されたい、目立つようにデザインしたいと要求され
ます。来店・来院数が上がらないのは、発見されていないからだと
思っています。看板を出しても来店数が増えないから、考えられ
る全ての場所に◆◆歯科というデザイン性を無視した目立つ看板を
出そうとします。
そんなに出さなくても既にそこが◆◆歯科だと
誰もが気付いていますが、

原歯科診療所,歯科クリニック,看板サイン,デザイン事例 クードクール,飲食店舗,看板サイン,デザイン事例
森井眼科医院,眼科医院,看板サイン,デザイン事例 辻健太郎クリニック,内科クリニック,看板サイン,デザイン事例
日笠歯科,歯科医院,看板サイン,デザイン事例 ナトゥーラ,店舗,看板サイン,デザイン事例 老木医院,耳鼻咽喉クリニック,看板サイン,デザイン事例 株式会社ナカシマ,太陽光発電,メガソーラー,デザイン事例 甲田歯科医院,デンタルクリニック,看板サイン,デザイン事例
来店数が増えないのは
「入りたくない外観」に
なってしまっているから
だとなかなか気が付きません。

「視認性」ばかりを気にする「昔の看板論」はまだまだ存在します。

「うちの店舗はあの大通りからも見えるのです」
「電車に乗ってるとこの店舗がちょうど見えます」
などの理由から看板で遠くのお客様にPRしたいとのご相談が
あります。しかしお客様が言う「見える」は見ようとしているから
「見える」だけです。 どんなに目立つようにデザインしても

無意識の通行人がわざわざ自分達の
店舗を探して見るはずがなく、
その看板の費用対効果は
非常に低いことが分かります。

看板業界も、店舗経営者様も「看板」の役割が変化している事実、
お客様はより高感度になっており感性に訴えかける看板・外観デザ
インが重要である事実を再認識し取り組んでいく必要があると私達
は考えています。

ふくとみ鍼灸整骨院,看板サイン,デザイン事例 あんず事務所,事務所,看板サイン,デザイン事例
医療法人八尾こころのホスピタル,病院,院内サインシステム,デザイン事例 クリニック石田,耳鼻咽喉クリニック,看板サイン,デザイン事例
リラクゼーション神楽,マッサージ店舗,看板サイン,デザイン事例 森井眼科医院,眼科クリニック,看板サイン,デザイン事例
すずき歯科クリニック,歯科クリニック,看板サイン,デザイン事例 ネイルサロンL,美容店舗,看板サイン,デザイン事例
永瀬内科医院,岡山内科医院,看板デザイン,看板事例 こうの歯科医院,歯科医院,看板デザイン,看板事例 ミネモト鍼灸整骨院,治療所,看板デザイン,看板事例 尾道カフェ,カフェ看板,看板デザイン,看板事例 コインランドリー,店舗,看板デザイン,看板事例
歯科医院,矯正歯科医院,看板デザイン,看板事例 モーションカイロプラクティック,治療院,看板デザイン,看板事例
看板で高い効果を得ているのは
人通りの多い好立地で
毎日前を通行する消費者に
ターゲットを絞っている店舗や医院です。

店舗や医院は地域密着型が多いのでターゲットは近隣住民です。通勤通学で毎日前を歩く人達はまさに見込み客であり、確実に関心を持って貰いたい人達です。この人達の視線を集めたければ外観・看板にデザインを施す必要があります。消費者心理を考慮し、あらゆる角度から検証した看板デザインは大きな成果をもたらすでしょう。

けやき台整骨院PADMA,整骨院,看板デザイン,看板事例 エクサカイロプラクティック院,千葉カイロプラクティック,看板デザイン,看板事例
あつみカイロプラクティック院,看板サイン,デザイン事例 スタジオトイプル,バレエスタジオ,看板サイン,デザイン事例 カスヤ歯科医院,歯科医院,看板サイン,デザイン事例 医療センター集合看板,医療センター,看板サイン,デザイン事例 高瀬森本,内科クリニック,看板サイン,デザイン事例
クリニックサイン
クリニックサイン

内科・眼科・耳鼻咽喉科・整形外科・小児科・産婦人科・動物病院・歯科など病院やクリニック様の立地条件に合わせ集患を考えた外装・外観デザイン、看板パーツデザインまで最適な方法をご提案します。近隣競合医院の中で選ばれる方法を行動心理から導きます。

整骨院サイン
整骨院サイン

整骨院・接骨院・治療院・鍼灸院・整体・カイロプラクティック。柔道整復師やマッサージ指圧師、はり師、きゅう師など広告制限の多い業界で看板・外観は数少ないPR手段です。近年乱立する施術所の中で貴院が選ばれる為にブランディングを含めたご提案を行います。

ストアサイン
ストアサイン

飲食店・ペットショップ・サイクルショップ・ネイルサロン…店舗の外観・看板は集客に大きく貢献します。単に目立つ、情報を提供するだけではお客様は入店してくれなくなりました。店舗の存在感を重視し行動心理の観点からお店をプロデュースします。

病院サイン
病院サイン

病院の院内サインシステムや各種オリジナルサイン。ピクトマークデザインやカラーユニバーサルデザインを考え受付・フロア案内など案内標識の体系を総合的に設計したり病院のホスピタリティ向上につながる各種サインを製作します。

どのくらいの予算でリニューアルできるの??
ビルサイン
ビルサイン

商業ビルに関わるサインは塔屋サイン・壁面サインだけでなく、テナントビルの外観・エントランスサイン・ビル集合サイン・階数表示サインなど多岐に渡ります。それぞれのサインにデザイン性を持たせる事はビルそのものの価値向上に繋がります。

オフィスサイン
オフィスサイン

テナントオフィス・自社ビル等、企業の第一印象を上げる外観・玄関イメージをデザインします。 訪れるお客様だけではなく、銀行、仕入業者、入社希望者…オフィスの第一印象は貴社に大きな利益をもたらします。

オリジナルサイン
オリジナルサイン

既成品よりもオシャレなオリジナル設計の看板は単に見た目がキレイなだけに留まらず、看板としての効果はもちろん、ビルや店舗全体のグレードを大きく上げるなどの効果が期待できます。

ロゴデザイン
お客様の声
ブログ
最新の記事
マンション全体の印象を変える 1Fプロジェクト
第一印象で店舗の成果が上がる
看板の目的とは?
看板にはさまざまな意味があります。皆様がご検討されているのはどの看板ですか?
  • そのお店を目がけてきた人に分かりやすい看板を出したい
    発見の為
    解決策
    垂直・遠目を意識した
    自立看板・袖看板など適切な場所に設置
    よくある誤解
    発見される事(知られる事)と
    来店促進は別の問題です
    発見
  • 商品やサービスそのものを広告する為の看板を出したい
    広告の為
    解決策
    商品・サービス内容に関心を持たせる
    看板・懸垂幕を見やすい位置に設置
    よくある誤解
    商品に興味を持ったとしても来店する
    とは限りません。
    広告
  • 顧客がよく間違えるので看板を出して解決したい
    誘導の為
    解決策
    サインシステムの検証。適切位置に
    サイン・プレートなどを設置し誘導
    よくある誤解
    不適切なサインシステムは集客と
    関係性が高い
    誘導
  • 前を歩く人に存在をPRし来店に繋がるよう看板を出したい
    発見・PR・来店の為
    解決策
    第一印象リフォームで外観そのものを
    看板として機能させる
    よくある誤解
    第一印象リフォームで外観そのものを
    看板として機能させる
    発見・PR・来店
さまざまなケースで
  • 開院・開業で好感される外観・看板を作りたい。

    開業や開院に伴う看板デザインの進め方やご相談の流れを図や写真でご紹介します。開業や開院時は多くの決め事を短期間で行う必要があり看板まで手が回らないのが現実かと思います。建築の一環である看板工事は内装工事のついでに工務店様へと考えるのが一般的ですが、地域密着型である医院や病院、店舗は看板による集客・集患は欠かせません。弊社には建築デザインを壊すことなく確実に情報伝達(広告)出来るノウハウがあります。

  • 集患・集客の為効果的な看板へテコ入れしたい

    北堀江看板では看板が期待される目的を研究しつづけ全く新しい理論を確立しました。医院やお店が目立っていない、だから看板デザインを工夫して・・・看板のテコ入れを検討する医院や店舗はそう思って実施しますがなかなか成果につながらない場合があります。看板を大きくしたり目立つデザインにしたりして「看板の問題」は解決したはずなのに、成果が上がっていないなら「看板の問題」が本質的に解決していない可能性があります。

  • 外観・玄関周りを明るくキレイなイメージを変えたい。

    外観や玄関を明るくしたり綺麗にしたりする事と集客・集患の為に看板を考える事は全く違うことだと思う方がほとんどですが、外観・玄関を明るく、綺麗にすることは集客・集患へ大きく影響を与える意味では看板だと当社は捉えています。外観(特に玄関)はお客様をお迎えする大事な入口にも関わらず暗い印象があると集客・集患面で大きなマイナスです。特にガラス面は昼間、アスファルトなどが反射して暗い印象になることをご存知でしょうか?

  • 複数医院・店舗のデザインイメージを統一したい。

    多店舗展開や医療機関が分院を広げていく場合あるタイミングでその都度作った看板デザインや外観イメージがバラバラである事に気がつきイメージの統一を検討される時がきます。特に外観や看板は立地条件がさまざまなので特にバラバラになりがちです。理想は大手チェーンのように更地から新築したり、全ての院で同じ材質の看板をオリジナル設計で製作し、決まった位置に設置する事ですが、そこまでしなくてもイメージ統一は可能です。

  • 店舗の外観に効果的なテコ入れをしたい。

    店舗の外観デザインには2つの大きな落とし穴があります。1つ目は店舗の外観にはPRして集客するという目的がありシンプルで綺麗な建築デザイン的な発想ではダメだという事。2つ目は外観を広告的な発想でデザインする場合、店舗の外観デザインに必要とされる感性やスキルは広告制作ではあるのですが、店舗外観デザインやサインデザインの場合は周辺環境や建物デザインの上に描く点で一般的な広告デザインとスキルが違ってきます。

対応エリアについて
当社は外観看板デザインを考案する際に地域性や景観など周囲環境を非常に意識します。
その為、ディレクターによる現地訪問が可能なエリアのみ対応させていただいております。予めご了承下さい。
担当者常駐エリア 近畿2府4県、東京都(23区、三鷹市、武蔵野市、狛江市、調布市)神奈川県(川崎市、横浜市)、千葉県(船橋市、松戸市、柏市、市川市)、埼玉県(さいたま市、蕨市、川口市、草加市)、岡山県、広島県
関西エリア
南青山看板webサイト

大阪府(大阪市、堺市、池田市、箕面市、豊中市、茨木市、高槻市、吹田市、摂津市、枚方市、
交野市、寝屋川市、守口市、門真市、四條畷市、大東市、和泉市他)
兵庫県(神戸市、西宮市、芦屋市、尼崎市、伊丹市、宝塚市、三田市、明石市、姫路市他)
京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県

中国エリア 岡山県(岡山市・倉敷市・総社市・笠岡市)
広島県(広島市、呉市、福山市・尾道市・三原市・東広島市、竹原市)

関東エリア
南青山看板webサイト 東京都23区
西部(10区)港区・新宿区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・練馬区
東部(13区)台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・千代田区・中央区・文京区・豊島区・北区・板橋区
三鷹市、武蔵野市、狛江市、調布市
神奈川県(川崎市、横浜市)他
千葉県(船橋市、松戸市、柏市、市川市)
埼玉県(さいたま市、蕨市、川口市、草加市)他
出張対応エリア…名古屋・福岡

※出張対応エリアについては無料での現地訪問は不可。 ※メールや電話にて事前商談を行いご注文後、担当ディレクターが訪問します。
※現地訪問には出張費30,000円が必要となります。

上記以外のエリアでも一度ご相談ください。まずは大阪本部にご連絡ください。TEL : 0120-555-908
北堀江看板と南青山看板について

この北堀江看板サイト、及び関東エリアの南青山看板はどちらも㈱サインズスクエアが運営している看板デザインブランドです。
弊社は2007年に創業し看板デザインを通じて皆様の事業が消費者から支持される事を願い日々外観や看板のデザインを研究しています。
弊社ではこの看板デザイン事業をお客様に分かりやすくお伝えするべく北堀江看板という愛称を定めこれらをロゴマーク化し活動して参りました。
関西のお客様にはとても分かりやすいとご好評いただき社名よりも北堀江看板として認知していただいております。
北堀江とは弊社が創業した大阪市西区北堀江3丁目という住所をそのまま使ったものですが、関西では“ホリエ”という地名にはデザインというカテゴリーにおいてブランド力があり認知されています。
北堀江看板=デザインにこだわっている看板屋さんだと誰もがイメージ出来るという意味で、このロゴデザインは弊社の看板デザインに対する思いや企業姿勢にピッタリだと自負しております。
そのブランドイメージと看板デザインのノウハウを持ってH27年より関東エリアでの営業活度を本格的にスタートしましたが、関東のお客様には「北堀江」という地名に全く馴染みがなく、なかなか名前も憶えていただけない為、お客様からのアドバイスもあって同じく関東エリアの創業の地(港区南青山3丁目)であり、関東で知名度のある南青山の名称で現在は活動しています。
南青山看板ではこれまで関西で蓄積した看板デザインのノウハウは当然生かしていきますが、関東の地域との対話から生まれる新しいデザイン性を模索していきたいと考えています。
私たちは外観・看板デザインを地域の景観の一部と捉えておりますので、地域性や周囲の風景をとても重視しています。
大阪の堀江、東京の青山はどちらも創業者がさまざまな地域を歩き回って、ずっと腰を据えてやっていきたいと思えた、一番好きな地域です。
北堀江、南青山の地域価値に恥じぬよう誠実な企業活動に努め、これらの地域価値が今以上にもっと上がるよう、私たちはこの地から良質なアイデアと作品を生み出すことで貢献していきたいと考えています。
今後とも北堀江看板・南青山看板を宜しくお願い致します。

費用について

看板・外観のリニューアルはお客様の現在の店舗状況によって大きく変動する為、算出が難しいのですが、ある程度のご予算をイメージしていただく目的で想定シーンと価格を記載しておりますので予算組みにお役立て下さい。

費用について

弊社がご提供するサービスは主に3つの領域に分かれています。

1企画・デザイン・設計 2看板製作(材料・加工) 3設置工事

お見積りはこれらの3つ項目から構成されるのですが、ご覧の通り特に②の看板製作費は変動幅が広い為、どの材料を使って、どのくらいの大きさのものを作るのか?で見積もり総額は決まると言えます。

  • 対応クレジットカード
  • お支払いはクレジットカードもご利用いただけます※別途手数料が必要となります。
  • 対応クレジットカード
看板は費用ではなく投資です。当社なら早くて1ヶ月、最低3年以内には投資金額は回収いただけます。
北堀江看板の独自理論
看板デザインで目立つ方法

デザインする際に目立つ色で看板デザインを!とご依頼いただく事があります。
大阪市内など店舗や看板が乱立するエリアにおいて確かに色は重要ですが、目立つから黄色!などというデザインセンスではもはや時代遅れです。
繰り返しますが「知って貰うためのデザイン」から「選んで貰えるためのデザイン」へ、看板デザインに求められるスキルは変化しています。
◆◆歯科の「歯」だけ赤色の看板がいまだに存在しますが、歯、歯科、クリニックなどのキーワードから「赤色」を連想する人は居ますでしょうか?一般的な「歯」のイメージはやはり「白」や「ブルー」です。もしロゴや医院のテーマカラーが「赤色」なら分かりますが、◆◆歯科のどこを探しても同じような赤色を使った部分は全く見当たらないなら、こんな歯科医院には違和感を感じてしまうのではないでしょうか。選んで貰う事ではなく、知らせる事だけを目的としてデザインされた看板の典型的な事例ではないでしょうか?
その業種らしい色、店舗のテーマーカラーなどを使いつつも存在感を出して目立つ事が重要です。デザインテクニックでいくら目立っていても違和感があって「変なお店・・・」と思われてしまっては看板を出している意味がありません。

派手な色を使わなくても存在感は出せる

看板デザインの考え方は新時代に突入しました。現代のお客様は毎日多くの情報の中で生活しています。逆に情報が多すぎて処理できていないのが実情です。そして情報が多すぎて信用できないとも思っています。店舗・クリニックはさまざまな努力を行い必死で情報を出しお客様へPRするようになりましたが、情報をたくさん出したところでお客様は来店しなくなっています。ではお客様はどうすればお店や医院に惹かれ来店・来院してくれるのでしょうか?答えはお客様の「感覚」に訴えかければ良いのです。「自分の望むサービス・商品がありそう・・・何となく安心感がある」と感じるお店・医院だと認識して貰える見た目にならなければなりません。要するに感覚に訴えかけるデザインで外装・看板を作れば良いのです。但し、お客様と同じように「何となくな感覚」でデザインしてもダメです。「何となく感じてもらえるようにきっちり設計しデザインする」それはお客様の行動心理や立地に合わせたあらゆる角度からの考察。それらを総合的にデザインするのが私達のノウハウです。昔ながらの看板理論のデザインでは通用しません。来店のきっかけとなるのは外観全体のトータルイメージです。看板はパーツにすぎません。集客・集患を考えているなら、最も有効な外観・看板だけをリニューアルしましょう。外観・看板デザインのせいでお客様を逃している可能性はありませんか?

他にもさまざまな独自理論をご紹介します 看板TOPICSページ
このページのトップへ