看板のリニューアル・新設をご検討の方へ

看板デザインは、集客に直結します。作るなら集客できる外観がおすすめです。

看板で集客できるかチェック

看板で圧倒的な効果を出すための条件:成功事例で解説します。

福田歯科夜間成功事例

板をリニューアルすると集客や集患に圧倒的な効果を発揮します。

もちろん、立地や条件にもよりますが、人通りが多い好立地であれば、間違いなく効果を作り出すことができます。

ここでは、弊社で実際に取り組んで圧倒的な効果を出した事例について具体的な看板を出して解説していきます。

看板による圧倒的な成果の研究

弊社では、日々取り組ませて頂いている案件がどのような成果を出してきたのかを常に検証しています。

集客や集患をしたいとご要望頂いたお客様については特に念入りに検証しています。

過去2,000件以上の実績に基づいたノウハウをさらに磨いている状況です。

ここからいくつかの具体的な事例で、「どいう取り組み」が「どんな効果を生み出したか」という点を解説して参ります。

看板テコ入れ成功の条件:ブランディング

まずは、小杉接骨院様の事例です。

小杉接骨院様Before

整骨院看板

小杉接骨院様After

整骨院看板デザイン事例

看板テコ入れにより圧倒的な集客効果をもたらした場合、成功の要因はさまざまですが、こちらの接骨院様の成功キーワードが「ブランディング」です。

差別化された選ばれる看板にする

看板効果を考えるなら看板は、ただ単に発見性を向上させるだけではダメだという事は分かると思います。

看板は昔のように発見されるだけの役割では成果に貢献出来ません。

看板の役割は「発見される」から「選ばれる」へ変わってきました。

選ばれる為には他との差別化が必要なのです。

店舗がお客様から選ばれる為の看板製作の本質は、消費者に店舗が持つ強みを正確に伝えること、要するにブランディングなのです。

ブランディングで成功する秘訣

こちらの接骨院様が、看板テコ入れによって大きく患者数を伸ばした理由は、看板のテコ入れ前に既に接骨院としてブランディングが出来ていたからです。

整骨院看板デザイン事例

その伝えたいイメージ、院としての方向性が明確になっていればデザインの力で明確に伝えていく事が可能なのです。

貴院の強みを表現することで他院と差別化し、ブランディングをすること

看板で大きな効果(成果)を上げたいと考えているなら、どのように消費者に伝えたいのかを明確にすることが秘訣です。

看板テコ入れ成功の条件:外装自体のデザイン

次は、福田歯科様の事例です。

福田歯科様Before

歯科医院外観

福田歯科様After

歯科医院看板デザイン事例

看板テコ入れにより圧倒的な集客効果をもたらした場合、成功の要因はさまざまですがこちらの歯科医院様の成功キーワードは「夜間通行量」と「建物外観デザイン」です。

成功キーワード「夜間通行量」

最初のキーワードである「夜間通行量」について解説します。

夜間は周囲の景色が消えますので、看板は効果的に働きます。

住宅街などにポツリとある店舗が、ライトアップされているなら、間違いなくほとんどの通行人の目にその店舗は飛び込んでくるでしょう。

クリニックなどは駅と住宅を結ぶ動線がとても重要です。

こちらの歯科クリニック様のようにキーとなる道沿いにあって、夜間でも通行量が非常に多いなら、看板テコ入れが大きな成果につながる可能性は極めて高いと断言します。

歯科医院外観

注意!夜間の照明はセンスを問われます。

看板効果を考えるなら夜間を検証することが重要だという事はご理解いただけたかと思います。

しかしここで注意しておきたいことがあります。

夜間は消費者への訴求効果が見込める為、出来るだけ派手にしようと考えてしまいがちです。しかし、ただ目立てばいいという訳ではありません。

今の時代は発見されることよりも選ばれることを考える時代です。

夜間の適切なライトアップが効果的

特に住宅街のクリニックなどでやたらと目立とうとして広告的な看板を派手に見せることが逆効果になりますのでご注意下さい。

成功キーワード「建物外観デザイン」

ここまで夜間は周囲の景色が消える為、看板は効果的に働くことを解説しました。

ただし目立てばいいという訳ではありません。場合によっては逆効果に成りかねません。夜間の看板テコ入れのコツは店舗のライトアップです。

広告的なPRを考えるというよりは、店舗の存在を知らせる事に主眼を置いた方が良いでしょう。

店舗の存在を知らせるのに影響力があるのは建物外観

店舗の存在を知ってもらえるかどうかにおいて実はとても重要なのは建物の外観です。

歯科医院外観

この建物の外観デザインはとても魅力的で素晴らしいです。

このような建物はそのままの姿にとても存在感がありますので、この建物の良さを活かしながら看板を設置していくのが最良の方法だと言えます。

建物そのもののデザインが、効果的な看板の役割を果たす

建物デザインが良い店舗は成功店舗の共通点

このような存在感のある建物は適切にライトアップすることで多くの通行人に強烈な印象を与えます。

福田歯科様夜間Before

歯科医院外観 夜間

福田歯科様夜間After

歯科医院看板デザイン事例 夜間

この場合下手な広告的な表現の看板を光らせるのではなくこのような方法論を用いて下さい。

必ず大きな成果につながるでしょう。

看板テコ入れ成功の条件:スペーシング

次は、ミナミ歯科クリニック様の事例です。

ミナミ歯科クリニック様Before

歯科外観

ミナミ歯科クリニック様After

歯科外観デザイン

歯科医院の経営において立地条件はとても重要だという事は誰もが知っています。何故立地が重要かというと集客(集患)面で有利だからです。

しかし立地条件に加えて集客(集患)に大きく関連してくるのは間口の広さです。

この間口の広さを指し示すことをスペーシングと呼んでいます。

スペーシングが重要な理由

消費者は歯科医院の大きさと安心感を関連づける習性があります。

風邪でも総合病院に行く人がいる理由は大きいから安心だと思ってしまうからです。その消費者心理は、分かりやすい事例ではないでしょうか。

病院

実際大きな規模で運営している歯科医院の場合は、大きさそのものが大きな強みになっているのです。

まだクリニックを利用した事のない新規患者様にとって外観は唯一「大きさ」を実感できるツールだと考えられます。すると外観から大きさをしっかり伝えるスペーシングがいかに重要かはご理解いただけるのではないでしょうか。

間口の広さを大きく見えるように表現することが秘訣

間口が広くスペーシングが出来ているのが成功歯科の共通点

間口が広い歯科医院はマーケティング観点からすると非常に大きな強みです。

しかしながら「この間口の広さが何故強みなのか」を十分理解せず、間口の広さを活かしきれていない歯科医院が非常に多いのではないでしょうか。

歯科が看板で成功するパターンは間口が大きいという立地条件で、その強みをしっかり理解し適切な方法で伝えている歯科医院になります。

歯科外観デザイン 歯科外観デザイン

歯科医院様の成功事例は他にも多数ございます。歯科医院専用ページを合わせてご覧ください↓↓↓

北堀江看板 歯科

The following two tabs change content below.

西村

サインズスクエア代表取締役の西村です。私達のブログをご覧いただきありがとうございます。私達は感性で世の中にある誤解を解消する事で皆様のお役に立てるよう日々研究・活動しています。宜しくお願いします。
タイトルとURLをコピーしました