診時間後も看板療の照明を付けている事に意味があるのですか?その1|北堀江看板Q&A

Q&AQ&A

診療後に照明を付けることの意味について今回は「宣伝要素」の観点からお話ししたいと思います。

診療時間後の例えば夜間というのは昼間の景色から一変し、
辺り一体が暗くなりますからその中に照明が照らされている部分があると自然と目に留まりやすくなります。

そういった点から認知度向上に効果的と考えられます。

また、現在はLEDの電飾が主流になってますから昔の白熱球などに比べると電気代も安く交換の頻度も極めて減ってきております。

そういった観点からもコストパフォーマンスの良いPR方法だと言えます。
次回は「地域への貢献要素」という観点でご紹介い致します。

contact1000flow1000
タイトルとURLをコピーしました