看板規制が厳しいエリアで地域から選ばれる外観・看板とは?

歯科医院外観デザイン歯科医院

地域に選ばれる外観・看板にする為に、周囲の環境や景観を考えてデザインすることはとても大切です。京都や芦屋など看板規制が厳しいエリアでは特に言えることです。今回はそのようなことを考慮して外観・看板をリニューアルをされた歯科医院様の事例をご紹介致します。

Before

歯科医院外観デザイン

After

歯科医院外観デザイン

看板も景観の一部

看板を含めた外観のトータルデザインのコツは、建物や周囲の環境をしっかり考慮することだと思います。

皆さんご存知の通り京都や芦屋などは看板規制が非常に厳しいエリアです。

マクドナルドの看板は赤ですが京都では茶色の看板であることは有名です。

では何故そのような規制があるのかというと京都では看板を景観の一部だと認識しているからです。

地域の景観を無視して看板で自分の店舗だけが目立とうとするような考えは今の時代にそぐわず、逆に周りから受け入れてもらえないこともあるかと思うので弊社は京都の看板規制の考え方を支持しています。

看板デザインを通して想いを伝える

昔は店舗や医院は地域に1つしかなかったので看板は知らせるという目的で良かったのですが今は医院の数も増え競争の時代になっています。

そのような中で医院はもっとコミュニケーションをとって地域に密着していかなければならないのではないでしょうか。

ではそれが何故看板と関係するのかということですが、どんなデザインの看板にするかで地域住民の医院に対するイメージは大きく変わってきます。

先述の通り地域の景観を無視した自分の店舗だけ目立ったデザインの看板を取り付けることは今の時代逆効果で敬遠されてしまうのではないでしょうか。

こちらの事例の歯科医院様は院長の「患者様が迷ってしまっているので分かりやすくしてあげたい」というホスピタリティと、地域の景観にマッチすることを最重要視した上で完成しました。そのような想いを、デザインを通して伝えることで地域の住民も感性で感じとり結果、地域から選ばれる医院になるのではないでしょうか。

歯科医院外観デザイン

歯科医院外観デザイン

歯科医院外観デザイン

他にも地域から選ばれる歯科医院様の外観・看板事例を数多くご紹介しておりますのでこちらのページから是非ご覧下さいませ!↓↓↓↓

 

タイトルとURLをコピーしました