しっくりこない看板の理由|サイズ間違いをしている

看板イラスト看板理論

皆さんが検討されている看板または設置した看板を見てしっくりこないなーと感じているならそれはサイズ間違いの可能性があります。

是非ご参考いただき不満の解消要因になればとても嬉しく思います。

看板と建物とのバランスについて

看板は白いキャンパスの上に描く(設置する)ものではなく既にある建物の上に描く(設置する)ものです。

看板イラスト

白いキャンパスの上ならどんな看板でも違和感はないでしょうが、建物の上に設置するとなると話は変わります。

建物とのバランスを考えないと看板違和感の塊のようになってしまいます。

 

看板板の採りの問題でサイズを間違ってしまう

建物とのバランスを崩す最大の要因はサイズです。

看板製作サイドは板の採りがあるので効率良く1820×910mmなどに寸法を合わせたがるものなのですが例えば建物壁面のワイドが2100あるのに1820で収めてしまうと両サイドに空きが出てきます。

看板イラスト

背景となる建物の色と看板デザインの色が同じであればまだしも全く違うものなのに寸足らずでは違和感が出てくるでしょう。

 

しっくりこないは感性の問題

看板製作者としては良かれと思って提案してくれるのですが、その少しの費用の問題で大きな成果を逃しているとしたらどうでしょう。

ケースバイケースによりますが多くのこのようなケースで私ならたった330mmによって数万円コストが上がってしまっても、その後、この看板が及ぼす価値を計算して違和感がない方を採用します。

しかし例えば今の事例のように壁面に対して違和感がある空きが生まれた場合でも、実際には違和感があると思っていない人も事実としている(そのサイズを提案した看板屋さん)のですから、そんなこと気にならない人も実際たくさんいます。

でももし皆さんが「しっくりこない」と感じたのであれば、間違いなく皆様と同じように感じる人はいるわけです。

特に自分と同じ感性の人は自分にとって最も良い顧客であることが多きですからここは重要な部分だと捉えて損はないと思います。

看板イラスト

 

看板製作をお考えなら、他の看板独自理論もぜひチェックしてみてください→→→

 

看板製作のご相談はこちらからお気軽にお問い合わせください↓↓↓

The following two tabs change content below.
西村

西村

サインズスクエア代表取締役の西村です。私達のブログをご覧いただきありがとうございます。私達は感性で世の中にある誤解を解消する事で皆様のお役に立てるよう日々研究・活動しています。宜しくお願いします。
タイトルとURLをコピーしました