こんな整骨院は要注意!大阪のおばちゃん的外観・看板デザイン

大阪おばちゃん的外観整骨院整骨院

整骨院にとっての外観や看板とは?

 

人の見た目が重要だということは誰もが知っていることですが、

店舗の見た目が重要だという事は驚くほど知られていません。

店舗にとっての見た目とは外観や看板という事になりますが、

実際に店舗を利用される際に外観や看板に影響を受けていると思いませんか?

 

私はこれまでに10年間で2000件を超える現場調査経験から

消費者がいかに店舗看板や外観に影響を受けているか知っています。

しかし残念ながらほとんどの整骨院がこの事に気付いていません。

私たちが手掛けた整骨院の事例では90%以上の院が

看板を含む外観を有効活用することで患者数が増加しました。

整骨院にとって外観・看板はなくなはならない集客システムなのです。

 

 

整骨院が陥ってしまいがちな看板の失敗例

 

整骨院業界が連想する“看板”とは「目立つもの」だというのが大半の方の

イメージではないでしょうか?

実際「看板はあまりやりたくない」いう言葉もよく聞こえてきます。

もちろんどこにあるか分からない整骨院よりは

目立つことの方が一定の集客効果が見込めるでしょう。

しかし目立てば患者さんが増えるという考え方に対して

私達は疑問を感じ仮説を立てあらゆる事例からある結論を導き出しました。

看板を使って単に目立とうとする行為は逆効果だということです。

 

情報が多すぎる看板がダメな理由

目立とうとしてもなかなか効果が出ないから

足りないと考えて看板を増やす整骨院さんを見かけます。

しかし看板は増やしても一向に業績には繋がらない・・・

 

このパターンで考えられるのは情報量が多すぎるということです。

店舗に掲げる看板にやたらと情報量を盛り込むのはNGです。

じっくり自宅で椅子に座って検証できるWebサイトと同じ方法は通用しません。

店舗全体でお伝えできる情報は限られています。

それを守らずあれもこれも発信しようとすると

消費者の選択肢から消えてしまい

存在そのものを消去されてしまうので注意が必要です。

 

また整骨院のような業界においては

信頼性が非常に重要となります。

あらゆるところに〇〇整骨院という文字を表示し、

〇〇区で1位などというキャッチコピーだらけの

看板を発信した場合、消費者はどのように感じるでしょうか?

 

消費者が単なる情報提供と素直に捉えてくれたら問題ないのですが、

整骨院の看板は同時に院の外観でもあります。

看板広告のような外観は情報提供にはなりますが、

治療院という存在としての信頼性がそこには感じられないのではないでしょうか?

私たちは自分たちが担当させていただいた整骨院さんの周囲の整骨院が

対抗してどんどん派手な看板に変身していき、

しばらくすると店舗がなくなるという事実を見てきました。

これは最も大切な「信頼」よりも目立つことを優先してしまい

結果お客様から敬遠されてしまったという事ではないでしょうか。

 

 

色が多すぎる看板ががダメな理由

 

たくさんの色を使うというのも看板で目立とうとして

逆効果になりやすい典型例です。

特にメディカル系の店舗が院としての信頼性は確保しながら

存在感をUPさせるマストスキルは色数を考えることです。

損する整骨院外観デザイン

逆に色を使いすぎると情報が分散して伝えたいことが伝わらないばかりか、

派手でアピールが強すぎる整骨院の外観によって悪いイメージを与えてしまい

結果として消費者から「自分には関係のない店舗」と認識されてしまい記憶の中から消去されてしまいます。

 

大阪のおばちゃん的整骨院とは?

 

ここまでに挙げたように看板戦術に行き詰まってしまっているパターンによく

ありがちな失敗事例の中で

“目立つ”=“売上UP”

という概念がいかに失敗を加速させてしまうのはお分かりいただけたのではないでしょうか。

私たちはこのパターンに陥っている整骨院さんを地元大阪に愛着を込めて

「大阪のおばちゃん的整骨院」と呼んでいます。業種によってはもちろんこの理論が有効な場合があります。

しかし整骨院において「目立とうとする」考え方は捨てていただき

是非信頼性をUPさせながら存在感をUPさせる方法論で看板や外観をご検討下さい。

 

うちの看板大丈夫? この立地でも集客できる??

そのように感じた先生は、「15分無料電話コンサル」を活用下さい。

詳細は、こちらからご覧ください↓↓

 

☆☆☆☆☆下記の動画でもご紹介しています☆☆☆☆☆

↑北堀江看板では選ばれる整骨院の外観・看板のポイントを動画でご紹介します。

この動画では主に損をしている整骨院の4つのパターンの中で

主張が強くてあまり好感を持てない為に損をしているケースをご紹介します。

これは非常に多いパターンですので是非ご覧下さい。

 

 

整骨院看板デザイン事例は整骨院専用ページで数多くご紹介しています!

北堀江看板 整骨院事例

contact1000flow1000
The following two tabs change content below.
西村
サインズスクエア代表取締役の西村です。私達のブログをご覧いただきありがとうございます。私達は感性で世の中にある誤解を解消する事で皆様のお役に立てるよう日々研究・活動しています。宜しくお願いします。
タイトルとURLをコピーしました