診療科目をしっかり伝えたいクリニック事例|問題解決リポート

クリニック看板デザイン問題解決リポート

医院にとって診療科目を正確に伝えることは大変重要です。

あそこに確か病院があったはずだけどいったい何科だったかな?という印象しか残せないとなかなか来院に繋がらないからです。

そこで診療科目を表示する看板が必要になってくるのですがその際、情報の整理と表現方法に注意が必要です。

まず、情報の整理ですがあまり情報量が多いと結局は伝えたい情報が埋もれてしまいますので表示する内容を絞る必要があります。

そして、単に情報を表示するだけでは消費者には伝わりづらいので視覚的に分かりやすい表現の工夫も必要です。

例えばこちらのクリニック様の事例の場合、元々の看板ですと診療科目の表示の仕方にばらつきがあるように感じました。このような場合、診療科毎の患者様の人数に偏りが出てしまいます。そこでそれぞれの看板に役割を作り情報の整理と表現の仕方を工夫したことによってしっかりと診療科目が伝わるようになったと思います。

Before

クリニック看板デザイン

クリニック看板デザイン

クリニック看板デザイン

After

クリニック看板デザイン

クリニック看板デザイン

クリニック看板デザイン

タイトルとURLをコピーしました