好感のもてる外観で入りやすいビルに変貌!〜好感を上げる2つのポイント〜

オフィス看板事例ビルサイン

テナントビルの外観デザインとエントランスデザインの事例です。

ビルも店舗と同様、好感をもてる外観にするべき!

ビルの外観やエントランスやテナント案内板はビルの印象を左右するものになります。

一般的な店舗やクリニックの外観と同様、好感をもてる外観にすることで入りやすいという印象を与えます。

今回は好感をもってもらう外観にする2つのをポイントをご紹介します。

外観デザインはメリハリが大事

before

オフィス看板事例

after

オフィス看板事例

オフィス看板事例

基本的にデザインは常にメリハリが要求されます。

メリハリがなければ全体的にぼやけた印象になり、特に強調される部分がないので、何も印象に残りません。

限られたスペースのサインデザインにはさまざまな周囲の建物や看板などがデザインに干渉してきますので特にメリハリが重要だと言えます。

メインカラーとサブカラーを決める

after

オフィス看板事例

オフィス看板事例

弊社ではサインデザインを考える時には必ず色を決めます。

メインカラーとサブカラーを2種、合計3つの色を選びます。

逆にこれ以上色を増やすのは得策ではありません。

色が増えるとまとまりがなくメリハリもなくなります。

ビルサインや店舗サインのように建物が絡むようなデザインでは基本的にこのような考え方で進めるべきかと思います。

事例のように全体的なデザインの完成度を高める為にはメインカラーのスペースを十分に確保し、その上でサブカラーを用いて伝えたい部分を強調すると良いでしょう。

before

オフィス看板事例

after

オフィス看板事例

メインカラーは単に同じ色をたくさん使うというのでも良いのですが、事例のように素材などで立体感を出し、更にメリハリを出すことで全体的なグレードアップ感を表現出来ます。

他にもビルの外観、エントランス事例が多数ありますのでこちらから御覧ください!

contact1000flow1000
The following two tabs change content below.
田村

田村

サインズスクエアでデザインを担当しています田村です。 イラストを描くのが大好きです。 お客様に満足していただけるよう日々精進してまいります! よろしくお願いします。
タイトルとURLをコピーしました