動物病院の外観・看板デザインリニューアル事例

動物病院外観デザイン事例 動物病院看板デザイン事例動物病院

 

看板デザインと聞いて何をイメージしますか?

北堀江看板では看板を1つのパーツとして捉えず、建物全体を看板と見立てたデザインを行います。

“看板デザイン”というとお店の入り口ある“看板”や“A型看板”などをイメージする方が多く、“看板デザイン”といえば看板面のデザインをイメージする人がほとんどかと思います。そういう意味では弊社がご提供するサービスを“看板デザイン”という表現するのはふさわしくないかもしれません。

 

消費者が目にしているのは看板パーツではなく建物そのものです

消費者は日ごろ色んな情報の中で生活しているので、全ての情報を確実に捕えるような事はありません。むしろほとんどの事を無意識にやり過ごしています。看板や広告を見てくれるという前提で考えていては効果を出せません。人は自分が選択する情報しか入手しないからです。看板のパーツを見てもらいたければ、まず外見そのものが他のお店などに比べて思わず見てしまうほど興味をひくかどうかが重要です。そこで惹きつけられて初めてパーツの看板デザインを見るという事になります。

そこで順番としてはまず外観そのものを誰が見ても分かりやすく発見されやすいように設計→興味を持った人に具体的な内容を伝えるデザインという風に役割を考えていきます。

 

看板デザインではなく外観デザイン?

実際北堀江看板がデザインしているのは看板ではなく外観になるのかもしれません。

ところが外観のデザインというと工務店や設計士が行う「外観デザイン」が当てはまりますので、少しニュアンスが違ってきます。看板という言葉は人によってイメージするものが違うという特長があり一概には言えませんが、看板=広告という印象が最もポピュラーなイメージかと思います。

そのような発想から考えた場合、建築デザイン領域の「外観デザイン」には“発見性”、“誘導”、“PR”など広告的要素の「看板的目的」は要求されないので問題はクリア出来ないという事になります。

 

建築デザインと広告デザインの融合が北堀江看板の看板デザイン

これらの事を踏まえて本来の北堀江看板に皆様がご期待されているのは、「外観デザイン」要するに建築的なデザイン性と、「看板デザイン」要するに広告的機能性の両立かと思っています。

この技術は我々が独自研究し多くの事例から蓄積したノウハウであり、唯一無二のセンスだと自負しております。

 

デザイン性を持ちながらも、しっかり機能性も重視した、建物そのものを看板だと見立てた私たちの作品をご覧下さい

 

 

Before

動物病院外観デザイン事例 動物病院看板デザイン事例動物病院外観デザイン事例 動物病院看板デザイン事例動物病院外観デザイン事例 動物病院看板デザイン事例動物病院外観デザイン事例 動物病院看板デザイン事例

 

After

動物病院外観デザイン事例 動物病院看板デザイン事例動物病院外観デザイン事例 動物病院看板デザイン事例動物病院外観デザイン事例 動物病院看板デザイン事例動物病院外観デザイン事例 動物病院看板デザイン事例動物病院外観デザイン事例 動物病院看板デザイン事例動物病院外観デザイン事例 動物病院看板デザイン事例

contact1000flow1000
The following two tabs change content below.
西村
サインズスクエア代表取締役の西村です。私達のブログをご覧いただきありがとうございます。私達は感性で世の中にある誤解を解消する事で皆様のお役に立てるよう日々研究・活動しています。宜しくお願いします。
タイトルとURLをコピーしました