店舗看板の価格はどれくらい?看板の適正料金・価格について解説します


店舗を開業される方は“看板”については考えた事もなかったという人が大半です。予算を聞かれても一体いくらぐらいかかるのか?想像も出来ないとおっしゃる方が多いです。

ここでは多くの看板事例の中から私たちが把握している看板費用について書きたいと思います。

看板価格の相場

まず開業にかける費用ですが一般的看板屋さんに依頼する場合の目安は15万~30万円というところが相場かと思います。

次に弊社のように看板パーツではなく外観をトータルで請け負う看板屋さんだと50万円が平均値です。

 

看板費用の3つの構成

開業などで看板をつける場合、大きく分けて3つの費用はかかります。

①看板面の原稿作成費

看板そのものの製作費

③看板の取付け費

各工程をどのように考えるかによって費用は変わってきます。中でも①と②は大きく変動するところになります。

まず看板費用で最も変動が大きいのが②の看板製作費用になります。

看板工事料金

看板製作費用に最も影響を与えるのはサイズと材質です。店舗が大きくなればなるほど看板面も大きくなります。

次に材質です。材質の違いは耐久性の違いと解釈して差しつかえありません。

分かりやすいのは照明器具をLEDにするかしないかです。LEDは普通電球に比べて約倍の費用がかかりますがその変わり消費電力や耐久性が全然違います。

また看板の骨を木で製作するかアルミで製作するかで全然金額は違います。比較的店舗の改装スピードが速い業種であれば木などで製作してコストを抑えても良いかと思いますが医院など基本的には改装などを行わないのであれば少し費用がかかったとしても長期的な視点でステンレスやアルミを使う方がコストパフォーマンスは高いでしょう。

 

看板は費用?投資?

看板の原稿制作費は看板効果に影響を与えます。

この部分を単なる表示でいいと考えるのであれば文字通り原稿制作料なので費用は安く済みます。

原稿を作成する人は専用ソフトのオペレーションが出来れば大丈夫です。また自分の中でイメージが固まっていて「こんな色の看板で文字はこのような書体で、ここにこの写真を!」などしっかり伝えられる場合はこちらも原稿作成という領域でありオペレーターで可能ですのでそれほどお金はかかりません。

もしデザイン性を重視する場合はオペレーターでは難しく専門技術をもったデザイナーの仕事になります。当然費用はぐんと跳ね上がります。

また1つのパーツを作る技術と外観ごとトータルプロデュース出来る技術は全然違います。

看板工事料金

デザイナーと一言で言っても技術レベルも価格も全然違ってきます。先述の通りこの分野は看板効果に影響を与える部分です。看板での集客が非常にポイントとなる業種であれば制作費は投資だと考えてどれだけ回収できる可能性があるのか?で看板予算を算出するべきでしょう。

逆に知る人ぞ知るというお店であれば看板での集客を必要としませんのでこの場合は看板は費用ですから出来る限り自前で用意し、出来る限り費用は抑えることをお勧めします。

 

看板の適正価格について

以上のように看板をある一面からのみ見るのは危険です。

看板の費用は単に高い安いという視点で考えても良いのは看板を費用だと考える場合です。逆に看板を投資だと考えられる立地の店舗であれば下記のようなシミュレーションをしてみて下さい。

投資回収年数は1年で耐久性の高く10年以上使えるものであればとても大きな価値があるということになります。看板の適正な価格は皆さまの店舗の立地や客単価・リピート率などさまざまな要素から決まってくるという事です。

看板工事料金

弊社HPで具体的な金額も載せておりますので是非ご覧下さいませ!↓↓↓

看板価格

 

contact1000 flow1000
The following two tabs change content below.
西村
サインズスクエア代表取締役の西村です。私達のブログをご覧いただきありがとうございます。私達は感性で世の中にある誤解を解消する事で皆様のお役に立てるよう日々研究・活動しています。宜しくお願いします。