街にあふれる看板って、そんなに宣伝に効果があるものなのですか?


 

いまどき野立て看板広告・駅看板広告に効果はあるのか?

看板種類

街や駅には多くの広告看板があります。

駅にあるキャンペーン的な看板は何となく効果があると思えるのですが、短期ではなく変わらない情報を出し続けている看板は実際に効果があるものなのか?とよく質問を受けます。

実際に看板広告が消費者に見られる確率は下がってきていると言えます。

看板広告そのものに何か変化があった訳ではありませんが人々の行動が変わってきているからです。

特にスマートフォンの登場は看板広告に大きな影響を与えました。人々は電車の中や街を歩いている時もスマホを操作しているシーンが多く顔を下げて歩いている人が増えました。

昔からある全てのメディアに言えることですが、情報が少なかった時代と情報に溢れている時代では一つ一つの広告の影響力は落ちていると言えるでしょう。

一方で昔の広告はそれ単体での威力があった分、多媒体との連結力はそれほど強くありませんでした。

現在は全てのメディアがミックスにより相乗効果を生みますので昔では考えられない効果を生み出します。看板もこの発想で考えると大いに効果が期待できると言えるでしょう。

 

看板

店舗に設置されている看板で集客出来る?インターネットの方が効果的?

店舗

次に店舗の付近にある看板についてですがこちらも同じようにスマホを中心にあらゆる情報が消費者に飛び込んでくる時代なので看板が昔のように大きな効果を及ぼす確率は下がっていると言えます。

但し先ほど述べたようにいかに他の媒体とミックスするかによって最大効果を期待出来ます。

特に地域密着ビジネスであれば店舗に設置されている看板は野立て広告や駅広告と比べても他のメディアにはない最強ツールと言えます。地域密着型ビジネスは店舗の前をよく通る人は自店の顧客になる可能性の高いユーザーだけに的確にPR出来る店舗看板は最強の武器です。

地図

インターネットの場合は検索か広告かで知りますからニーズが喚起してからの広告です。

ニーズが喚起している必要に迫られたタイミングでは他の店舗と比較される事になりますから、ニーズが喚起する前から啓蒙できるという点で看板は優れていますし、特に店舗付近の看板はターゲットにピンポイントで届く広告だと言えます。

看板は十分効果が出せる!インターネット時代の看板の考え方?

インターネットにより情報が溢れている時代に看板という広告媒体は昔のままでは効果が出ません。

野立て広告・駅広告・店舗看板はニーズが喚起する前の段階で消費者に啓蒙出来る媒体だという特性を活かして看板を考える必要があります。

これまで看板で効果を感じなかった経験があればおそらく看板業界の昔の名残がある「表示する事」を目的としている点が大きな原因があったのではないでしょうか?

出来るだけ遠くから見ても分かるように、目立つように!これが看板業界の昔ながらの発想です。お客様も同じような発想です。

例えば野立て・駅広告で昔から板面の変わっていないクリニックの“あるある事例”で背景白ベースに黒文字のみ 〇〇医院 診療案内板、診療科目という看板がありますが、この付近にクリニックがあるのだ!とさえ分かって貰えれば良いという発想です。

事実昔はこれで効果がありました。クリニックはそんなにどこにでもある訳ではなく地域でその存在を知って貰えれば来院していた時代です。

しかし今は直接的な来院に繋げるパワーが看板にはありませんので、まず野立て看板や駅広告で消費者側に興味を持たせなければいけません。あくまで目的は啓蒙だからです。

看板面のデザインを考えて実施しなければ全く効果は見込めません。逆に看板をしっかり考えて適切な役割に特化させると大きな効果を出す事が可能です。

看板

弊社では看板リニューアルによってされた新規集客が倍以上になる事例もざらです。看板は効果がなくなったのではなく考え方を変えなければ効果が出なくなったというのが適切かと思います。

Before店舗看板集客

After店舗看板集客

 

contact1000 flow1000
The following two tabs change content below.
西村
サインズスクエア代表取締役の西村です。私達のブログをご覧いただきありがとうございます。私達は感性で世の中にある誤解を解消する事で皆様のお役に立てるよう日々研究・活動しています。宜しくお願いします。