デザイナーが考える外観リフォーム方法「マンションがもつ3つの問題点を劇的に改善」


今回は愛媛県のワンルームマンションを施工させて頂きました。

マンションの問題点について

このマンションの問題点を3つあげます。

1、マンションの色彩が全体的に淡くぼやけてメリハリがない。

マンション

2、マンションの顔となる部分がはっきりしない。

マンションデザイン事例

夜はライトもあたっておらず、物理的に暗い。

マンションデザイン事例

3、住居へと入っていくアプローチの部分が駐輪場と混合になっており、印象的に暗い。

マンションデザイン事例

この問題点を今回の施工ですべて解消しました。

 

マンションの問題点の解消方法

1、外壁が全体的に淡いグリーンだったので、今のカラーに調和するように同系色の濃いグリーンを用いて印象に大きく影響を与える1F部分をこの色で 引き締めて安定感を出しました。

マンションデザイン事例

2、マンションの顔というのはあくまで印象的なものです。この部分は正式名称でなくてもいいのです。

マンションデザイン事例

「メゾンドールD」という和文の表記を「MEZON DOLL Dという印象的にオシャレと思える英文表記にしました。また壁面に対してこの表記はしっかりとコントラストの出る配色にし、夜はライトアップして明るくしました。

マンションデザイン事例

3、住居へのアプローチ部分を昼間でも印象的に明るくし、目線の部分にマンションの正式名称をしっかりと入れました。

夜もライトアップされ浮かしどめした切り文字が影を落として良い雰囲気を醸し出します。

マンションデザイン事例 マンションデザイン事例

このように1Fのポイントとなる部分を少しテコ入れする事で大きく印象を変える事ができます。

しかしながらマンションのロケーションや構造によっても全く異なり、さまざまです。

一概に同じ手法ではうまくいきません。

まずはその問題点に気が付けるかどうか。

そして、文字をつける位置、配色、ライトアップの仕方など、そのすべてがデザインになってきます。

デザインする方のセンスとノウハウで全く違ったものになると思います。

 

マンションをお持ちで空室が増えてお困りの方はぜひ当社にお任せください。

劇的に印象を変えて空室を埋めてみせます!

 

マンションの空室対策でお悩みなら↓↓↓

1Fプロジェクト

メールフォームから簡単にお問い合わせいただけます↓↓↓

contact1000 flow1000
The following two tabs change content below.
朝倉

朝倉

サインズスクエア代表取締役の朝倉です。我々の感性とノウハウを発揮した作品を世の中にどんどんと生み出してまいります。このブログを通してそれらの情報を発信していきますので、どうぞ楽しんでご覧ください。