デザイナーが考える外観リフォーム方法「古びたハイツをオシャレでレトロに!」 【前編】


ハイツの第一印象は1F部分で決まる!

ハイツやマンションの第一印象は1階の

エントランスでほぼ決まると言っても過言ではありません。

古いからと言って仕方ないと諦めるのはまだ早いんです。

マンションリフォーム

 

古くなったハイツを見た人に「おしゃれな外観だな、こういうところに

住みたいな」と思ってもらえるようになる方法をご紹介します。

 

まずは最初に目に飛び込んでくる部分を

建物全体の外観にあったカラーで塗装しました。

そして目線の位置に、マンション名を

金属の切り文字で取り付けました。

書体もかわいいものを選んでおりますので

レトロでおしゃれな雰囲気が演出できたと思います。

夜はライトアップされ、印象がさらに明るくなり

防犯にも効果が期待できます。

 

 

マンションリフォーム

 

古いものを無理して新しいものにはしない

このように古いハイツには、スタイリッシュなデザインに

しても違和感が出てしまいますので、その古さに逆らわずに、

レトロなおしゃれの方に持っていくのが

自然で好感の持たれるものとなります。

マンションリフォーム

 

この続きは後編で。

後編はこちら→

contact1000 flow1000
The following two tabs change content below.
朝倉広二

朝倉広二

サインズスクエア代表取締役の朝倉です。我々の感性とノウハウを発揮した作品を世の中にどんどんと生み出してまいります。このブログを通してそれらの情報を発信していきますので、どうぞ楽しんでご覧ください。